通販レディースを利用して購入するポイントの紹介

服のサイズの選び方

通販は、時間が空いたときにいつでもどこでもスマホやPCで欲しい物を探したり、近所に無いお店の品物を購入することが出来たりしてとても便利ですよね!

しかし、服を買うときにはサイズや色、質感などが「写真と違った」ということが少なからずあります。それをどう攻略するか、レディース服の通販の場合のポイントを挙げてみましょう!

服のサイズ感はこうして選ぶ!

服のサイズは、レディース物だとSMLや7号9号など、何パターンか種類がありますよね。

ところが、ブランドによって同じSでもサイズ感が違うことがあります。サイズ表記だけを信じて購入すると、思った通りのサイズ感ではないことがあったりしませんか?実店舗では試着できますが、通販では出来ないのでこのような事態が起こります。

そこで、通販の場合は自分の手持ちの服とサイズ詳細表記を比較してみましょう。大抵の通販サイトには、袖の長さ、着丈、幅などが書いてあります。それらを手持ちの服と比較し、サイズ感をイメージしましょう。こうすることによって、自分に全く合わないサイズの服を選んでしまうことは避けられます。
更に、レディースの服は形にパターンが非常に多いので、モデルさんの着用感もよく見ましょう。セーターですと、ストレートな形だったりAラインだったりしますよね。モデルさんと体型が同じな方は少ないと思いますが、服の根本的な形は参考になるので、通販サイトから得られる情報はフル活用しましょう!

その服本来の色や質感を見極める!

撮影場所の光の色や移り方で、同じ服でも全く違う服に見えたりします。そこでまずは、通販での色の見極め方を考えましょう。

レディースの服は、例えば同じ赤でも色んな赤があるので、自分の理想の赤かどうか知りたいですよね。スタジオの光で撮影しているものが最も実物の色に近いと言えます。実店舗でもそうですが、温かみのある黄色い光などは少し濃く見えます。
また、写真のコメントに「実物の色はもう少し明るいです」などと書いてあることがあるので、通販サイトのコメントは隅々まで読みましょう!次に質感ですが、一番確実なのは「素材」を見ることです。

そして自分の手持ちの服で同じ素材の服があれば、それと似たような質感であることはほぼ確定です。もちろん写真でもある程度分かりますので、それらの情報を合わせてイメージしてみてください。
レディースの服は本当に多様なので、これでも色や質感のイメージが付きにくければ、ネット上の画像検索をしてみてください。欲しかった服を着用してアップしている画像が見つかることが意外とありますよ!